※このページではアフィリエイト広告を表示しています。
PR

柴犬ご飯の時に怒るのはフードアグレッシブ?改善までの道①

愛犬豆柴
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村 毎日全力投球!豆柴ぽんちゃんとの日常 & 時々フィンランド や ハンドメイド - にほんブログ村

我が家のぽんちゃんは2022年10月左足のパテラ手術を受け12月末に左足完治、その後2023年1月中旬に右足のパテラ手術を受け、3月中旬に右足完治と長期間思う存分走ったり、跳んだり出来ない期間がありました。

まだまだ元気一杯の1歳前後の楽しい時期なのに…。

右足の抜糸後順調に良くなって来た2023年2月あたりからご飯の際に異変が起き始めました。(最初の手術から4ヶ月が経過した頃です)

それまでのぽんちゃんは私達が傍で見ていないとご飯を食べない子だったので、最初に急に異変が起きた時は一体何が起きたのか分かりませんでした。

急にピリッとした空気になり、目つきが変わり、隣に座っている私の手をめがけてウーっと声を出しながら威嚇してきました。

出来るだけびっくりせず、動かず何事もなかったように接するようにしなければと内心必死でしたが、ご飯が終わり撫でてあげると治まるので、何か気に入らなかったのかな?と最初は深刻には受け止めませんでした。

ですが、翌日も同じようになり、これは普通じゃないぞ!と思いますが、原因が分からず…。

正直フードアグレッシブなんて言葉すら聞いたことがなく、どうしようかと夫婦で悩んでいる時に主人がネット検索でその存在を知ることになったのです。

フードアグレッシブとは

ごはんやオヤツなどの食べ物に執着し、食事中に近づく、食器を片付けようとすることに対して攻撃的な行動を取ること

警戒心、物事へのこだわりが強い柴犬には多いとのこと…

まさにこれだ!!と原因が分かったことで、改善策は必ずあるはずだ!!と経験者の方のブログやYou tubeをいろいろ見てみました。

その結果…

フードアグレッシブはそんなに簡単に治せるものではなさそうだと落ち込みました。

皆さん数年単位で取り組んでいらっしゃるし、1度改善してもある日また再発することもあるようで。

もうただ茫然としました。

原因は?

素人が下手に対応してさらに攻撃性が増したりすることは避けたいと思い、まずはいつも見て頂いているドッグトレーナーさんへ相談しました。

足が悪くなる前はトレーナーさんの所へ週1回は預かり保育へ通っていたぽんちゃん。

足が治るまで通園をお休みしていたこともあり、久しぶりに先生に会って嬉しそうに大興奮。

先生が我が家でご飯をお皿であげてみても一切怒る素振りもないので何が原因かな?

【考えられる原因】

  • 治療期間中の長い運動制限も影響しているのかもしれないとのこと
  • 大人になってきて1人でご飯を食べたいという願望もあるかも
  • ご飯をあげる時のちょっとした習慣にストレスを感じているのかも→何が原因かはご飯のあげ方を見て頂いたのですが、そんなに原因になるようなあげ方もしていなくて分からないけど、ぽんちゃんの中で何かあるかもしれない

アドバイスを受けまず試してみたこと

  • お散歩の量を少しずつ増やしてみる
  • お皿に少しずつフードを入れて飼い主がお皿を持ったまま床の上に差し出し、全部食べたらフードをまた少し入れて差し出しを繰り返してご飯をあげてみる
  • お皿がダメなようなら手だけでフードをあげる

結果

お散歩は足の治療中ということもあり、一気に元通りまでとまでは増やせないけれど、有効であることは間違いないと思いました。

お皿を使ったご飯の練習はなかなか上手くいきませんでした。

ただぽんちゃんはお外のカフェなどに出かけた際は私たちの手から怒ることもなくご機嫌でご飯を食べられることから、家でのご飯が難しい時はお外に出て手からご飯を食べてもらうこともありました。

まだまだ原因らしい原因が見つからないまま1か月経過してしまったので、もう少し方法がないか探っていきたいと思います。

膝蓋骨内包脱臼(パテラ)手術の術後経過14日目~2か月目 リハビリについて
にほんブログ村 パテラ手術後14日目まで何とか無事に過ごしようやく抜糸です。 足から出ている透明な糸をぽんちゃんが何とか噛んだりせずにその日を迎え、診察室に入ったぽんちゃんはあっという間に抜糸を終え元気に診察室から走って出てきました。 今日...

コメント