膝蓋骨内方脱臼(パテラ)手術の術後経過14日目まで~トイレや食事

愛犬豆柴

パテラの手術後ぽんちゃんがどんな経過で術後を過ごしたか、これから手術を迎えて不安な方に少しでもご参考になれば幸いです。

私達も手術を受ける前に、いろいろ検索して手術を受けた方の情報を探しましたが、情報が少なくて不安でした。

手術当日

ぽんちゃんの手術当日
お昼前にぽんちゃんを病院へ送り届けます。
病院の午前診が終わったあと手術開始です。
ぽんちゃんは手術後1泊するので、私達は預けて帰ります。
ぽんちゃんは、かなりの怖がりさんで手術までの通院で更に病院を怖がっているので、とても心配でした。
夜に面会が許されているので、それまで心配で心配で仕方がなかったのを覚えています。

夜の面会
ゲージに入れられたぽんちゃんを見て、2人共、手術を受けさせたことを後悔しました。
ぽんちゃんは足が痛くて座れないのか立ったまま、エリザベスカラーを付けて、でも眠たくてフラフラ倒れそうになりながら立っています。
私達を見たら嬉しいのか、キュンキュン泣き、私達の手を舐めます。
足の傷口は痛々しく、悲しそうに泣くぽんちゃんを見ていられませんでした。

ステンレス製のゲージの中で冷たいから座らないのかな?ベッドを持ってきてあげようか、どうにか座らせてあげたいけど、なかなか出来なくて…
先生に横になるのは難しいのでしょうか?と尋ねてしまうほどに…
先生は「大丈夫ですよ。疲れたら自然と横になって寝ますから心配し過ぎないで!」と優しく言って下さいました。
先生の落ち着きがとても安心感があったので、言われるまま悲しそうなぽんちゃんを置いて帰るしかなくて、2人共帰り道はつらかったです。

こちらの病院は傷口に変化があればすぐ気付けるようにガーゼなどで覆わないスタイルだそうで、確かに傷口が見えているのは確認しやすかったです。ただその分ぽんちゃんが傷口を舐めたり噛んだりしないようには気を付けなければならないので、エリザベスカラーも通常のプラスチックではなく首をガッチリと囲うタイプにして頂きました。

ぽんちゃんは過去の投稿でもご存じのようにプラスチックをかじってしまうことがあるため、先生に相談して選びました。

手術は無事成功して、最初の3週間は安静にしなければならないとの事。
でも歩かないなんて、わんちゃんには無理だから、跳んだり跳ねたり走ったりしなければ普通にしてていいですよと…トイレのためにお散歩に少し行くのも大丈夫ですと言って頂きましたが、回復に影響が出そうで私達は最初の1週間はぽんちゃんのせっかくの頑張りを無駄にしないため出来るだけ歩かないようサークルから出さずに、ママが仕事の時間以外はサークルの中に入って過ごしていました。時々抱っこでお外の空気を吸わせてあげたり、抱っこで日向ぼっこをしたりしてお外には出してあげていました。
寝る時もぽんちゃんと一緒に寝ていました。

2日目~7日目

【食事】

食事は通常はビルジャックのドッグフードを1食で50g食べますが1週間目までに完食出来たのは1日だけでした。エリザベスカラーを付けていることで食べにくいので、お皿は私達が持ってあげて、ドッグフードはふやかした方が食べやすい感じでした。

お水は自由に飲ませてあげたいので、今回購入してものすごく役立ったのはTOWERの給水器スタンドです。エリザベスカラーを付けていてもお皿の高さが自由に調節出来るので、飲みやすい位置に調節してあげることでぽんちゃんが好きな時に自由にお水が飲めてすごく便利でした。

  • 2日目 退院した夜 30g
  • 3日目 朝17g 夜20g
  • 4日目 朝20g 夜40g
  • 5日目 朝、夜共に久しぶりに50g完食出来ました!
  • 6日目 朝10g 夜40g
  • 7日目 朝20g 夜20g

【トイレ】手術当日の朝に散歩でシーとうんちをした以降の経過です。

  • 退院した2日目も出ず
  • 3日目 朝8:00起きてようやくシーとうんちをしましたが、サークル内のトイレに歩けなかったようで、ベッドの上でしてしまいました。
  • 4日目 朝トイレに乗せてあげるも出ず。18:00 トイレトレーに乗せてあげるとシーのみ出来ました。いつものように低い姿勢が出来ないみたいでほぼ立ったままで。
  • 5日目 朝トイレトレーに乗せてあげてもやはり出ない。19:00 トイレトレーに乗せてあげるとシーのみ出来ました。(今日も低い姿勢では出来ないようでした)
  • 6日目 11:00お留守番中に自分でうんちを出来たようです。この日ぐらいからぽんちゃんの元気が出てきて、サークルから出たくなってきたようです。
  • 7日目事件勃発 寝てる間にエリザベスカラーがくるっと回ってしまったのか、ベルトの部分が前に来ており、ぽんちゃんの口が傷口に届いてしまい、傷口から出ている糸を少し引張ってしまった痕跡が”!!傷口が少し開いているように感じ、さらにシーとうんちもベッドでしてしまったようで、傷口についていないかすぐチェック!!うんちもついていないようだし、ちょうど1週間目の受診の日だったので、病院が開いたと同時に受診です。でも傷口はほとんど閉じてきているので心配ないと言って頂いて、経過も良好!ひと安心でした。エリザベスカラーが少し緩んでいたせいなので、抜糸までのあと1週間は慎重にしなければいけません。
  • でも6日目まではサークルから出たがることもなくママとのんびり過ごしてくれましたが、それ以降は気持ちが元気になってきたので、ここから出せ出せが多くなってきました。

8日目~14日目(抜糸の日)

7日目に経過観察で受診→レントゲンで足の中のピンも動いていないし、傷口も順調だったので、8日目からおうちではサークルの外にも出て少し自由に歩く時間を作る。

サークルの外にもいくつか眠れる場所も作ってあげると、自然と疲れたら眠ってくれるのでぽんちゃんはよくそこで眠ってくれました。みんなと同じ空間にいるだけで安心してくれたようです。

トイレは近所の公園へ朝と夜に抱っこ又はカートで出掛け、トイレだけ済ませて帰ってくるようにしました。(お友達に会うとぽんちゃんは跳んだり跳ねたりしてしまうので、出来るだけお友達に会わない時間行くように気を付けて)

やはり公園に少しでも行く事は気分転換になるようで、喜んでトイレもすぐしてくれるし、嬉しかったです。ただテンションが上がらないようにするのはとても大変です。

食事も14日目までは相変わらず波があり、1食20~40gぐらいで、シーは毎日出来ますが、運動が足りないせいかうんちは3~4日に1度のペースでした。

それでも元気は回復してきてくれて少し安心です。

コメント