※このページではアフィリエイト広告を表示しています。
PR

豆柴犬の誤飲②!プラスチックのトイレトレーをかじった時の症状

愛犬豆柴
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

この前の洗濯ばさみ事件から2週間。

我が家では細心の注意を払い、ぽんちゃんが噛みそうなものを排除し気を付けていた所。

7月旬にまたまた事件は起こったのです!!

今度は慣れ親しんできたトイレトレーを夜中に噛み噛みしていたのです!!

その日はママが疲れ果て珍しくぽんちゃんのいるリビングのソファーで眠っていたら、何やらものすごい音がカチ!カチ!パキ!パキ!と。

慌てて起きて電気をつけてみると!!

ぽんちゃんがトイレトレーをかじっているではないですか!!

プラスチックが歯だけで伸びるの??

すごい力技!!

今回は幸い原形と比べても大きな破片は食べていない様子だし、もし食べていても小さい破片だと思い様子を見ることにしました。

ぽんちゃんの噛む力はものすごいなと…

アイリスオーヤマ フチもれしにくいトレーニングペットトレーぽんちゃん通常使用トイレ

ぽんちゃんが我が家に来てから、ずっとこのアイリスオーヤマのトイレトレーを使用してきましたが、こんなことがあると他の物を検討すべきなのか?いろいろ悩みます。

ただアイリスのトイレトレーはメッシュ部分に足が付いているので、シーツとの間に隙間があり、シーの途中でも足が塗れることはほとんどないので、足が塗れることを嫌うぽんちゃんには最適でした。

アイリスオーヤマ フチもれしにくいトレーニングペットトレー

1度ぽんちゃんが噛むだろうパーツが少ないトレーを試してみるかと検討してみて見つけたのが、

リッチェル お掃除簡単ステップトレーです。

リッチェル お掃除簡単ステップトレー

リッチェル お掃除簡単ステップトレーを選んだ理由

  • ぽんちゃんが噛んだパーツ部分が無かったこと
  • メッシュとトレーが一体化していて、交換時の掃除がとても楽そう
  • トレーのフチが高くなっていて、ぽんちゃんがきっちりトレー内に収まってトイレをしてくれそう(アイリスさんのトレーはフチがそこまで高くないので、端っこぎりぎりでトイレをした時に、多少トレーの外へこぼれてしまうことがあった)

このような理由で試してみようと考えましたが、ドッグトレーナーさんからわんちゃんは足裏の感触でトイレを覚えると教えて頂いたことがあり、そう簡単に今までと違うものにして大丈夫か心配ですぐには決断が出来ませんでした。

デメリットだなと感じる部分:メッシュ部分がトイレシートと直接接地しているので、大量のシーの時に足濡れが発生しないか心配。

ちょうど主人が出張で10日間程不在の時期でしたし、環境を変えるのが怖かった部分もあるので、まずは主人が帰って来て要相談です。

トレーを交換してみた結果

主人が帰って来て早速リッチェルのトレーに交換してみようと思い切って見た結果。

交換する時期が悪かったようです!!

  • 主人が10日程留守にしていたことで、ぽんちゃんはいつもと違う環境に既に戸惑い、頑張っている直後だったので、完璧だったトイレが失敗続きになってしまった。
  • ご飯を残したことがないぽんちゃんが夏バテも少しあってなのかご飯も少食になってしまった。
  • ちょっとした物音に反応するようになった
  • リッチェルトイレトレーはメッシュ部分が直接トイレシーツと接地しているので、シーをしている最中に直接シーが足に付くため、足が塗れるのを嫌いなぽんちゃんは気持ち悪がった。

このように心配な状況があったので、出来るだけ仕事の時間以外はぽんちゃんと遊ぶようにして、トイレトレーは元通りのアイリスオーヤマに戻し、2週間程トイレの失敗を繰り返しましたが、2週間かけてようやくぽんちゃんの心も安定してくれたようで、突然思い出したかのように自分で前までのようにお利口にトイレをしてくれるようになりました。

まとめ

ドッグトレーナーさんに相談した時に教えて頂いたことは。

  • わんちゃんの性格にもよりますが、繊細な子は少しの環境の変化にも影響を受け不安定になる。 →それでも仕事でどうしても一緒にいてあげられないことはあるのでその時はしっかり向き合ってあげることが大事なのだと感じました。
  • トイレは1度覚えたらずっと完璧なままではないので、失敗し始めたらまた1からトレーニングをするつもりで行う。
  • トイレは足裏の感覚で覚えているので、簡単に変更したりすると失敗の原因になりうる     →人間が思うほどわんちゃんにとっては環境の変化は簡単に受け入れられるものではないのですね!

ぽんちゃん新米ママを許してね。

これからぽんちゃんが安心して暮らしていけるよう頑張るね!と思うのでした。

コメント